膿疱性乾癬

膿疱性乾癬とは

膿疱性乾癬

膿疱性乾癬とは、皮膚に膿がたまったものが表れる乾癬のことです。

 

尋常性乾癬とは異なり、膿疱性乾癬にかかると発熱することもあります。
他人に感染するのではと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、膿疱性乾癬が感染することはありませんので、ご安心ください。

 

膿疱性乾癬の患者数は、尋常性乾癬の患者数と比較してあまり多くありません。
日本で膿疱性乾癬にかかっている患者数は、1000人程度と言われています。
男性と女性の発症率に大きな差はありませんが、若干女性のほうが発症率が高くなっているようです。

 

膿疱性乾癬は、手足など限られた部位に発症することもあれば、全身に発症することもあります。
全身に膿疱性乾癬が発症した場合は汎発性膿疱性乾癬と呼ばれており、全身のむくみや高熱といった症状が表れるでしょう。

 

膿疱性乾癬が発症する原因については、未だに明らかにされていません。
ただ、遺伝が関係しているとも考えられており、感染症にかかったり、妊娠することなどがきっかけとなって膿疱性乾癬が発症することもあるようです。

 

矢印自宅で簡単にできる乾癬治療法はこちら


膿疱性乾癬の症状

膿疱性乾癬にかかると、患部にジュクジュクした膿ができます。

 

尋常性乾癬の症状ではかゆみを伴うことはあまりありませんが、膿疱性乾癬では強いかゆみや痛みを伴う場合も多々あるでしょう。

 

また、高熱が出る場合もあり、尋常性乾癬と異なって日常生活に支障をきたしてしまう恐れもあります。

 

膿疱性乾癬の症状が下半身に発症した場合、歩けなくなることもあり、車椅子が必要となるケースもあるのです。

 

皮膚のバランスを著しく崩されてしまうため、体内の水分調整が難しくなるでしょう。
そのため、高齢の方が膿疱性乾癬を発症すると命に関わることもありますので、できるだけ早めに病院で治療を受けなければなりません。

 

稀ではありますが、結膜炎や虹彩炎、ブドウ膜炎などを併発してしまう可能性もあります。

 

膿疱性乾癬では、入院による治療が行われる場合もあります。
医師の指導にしたがって治療を行なっていけば、必ず改善していくでしょう。

 

ただ、膿疱性乾癬の改善後は、まったく正常の皮膚に戻る場合もあれば、尋常性乾癬になる場合もあるようです。

膿疱性乾癬の治療法

膿疱性乾癬にかかったら、一般的にはシクロスポリンやビタミンAの内服薬を服用して治療を行います。

 

膿疱性乾癬の原因は明らかにされていませんが、原因とひとつとして考えられているのが免疫力の低下です。
シクロスポリンやビタミンAには免疫力を改善する効果があるため、継続して服用すれば膿疱性乾癬の症状が緩和されていくでしょう。
ちなみに、これらの内服薬はアトピー性皮膚炎の治療薬として用いられることもあります。

 

また、膿疱性乾癬の症状が重度になると、ステロイドを短期大量投与することで治療を行うこともあるようです。

 

重度の膿疱性乾癬は生命を危険にさらすこともあるため、十分に注意しなければなりません。
実際に、呼吸不全と循環不全を発症した症例もあります。
そのため、 膿疱性乾癬の治療では全身管理と薬物療法が欠かせません。
場合によっては、入院による治療を行うこともあるでしょう。

 

生活習慣の改善だけでは完治しないケースが多いため、できるだけ早めに病院で治療を受けることが大切です。

自宅でできる乾癬解消の決定版!

乾癬は、自宅で簡単に解消できます!
その秘訣は以下で徹底解説していますので、要チェック!!


自宅でできる乾癬解消プログラム


詳しくはここをクリック