乾癬 治療 方法

乾癬の治療方法とは

乾癬の治療方法とは

乾癬治療の皮膚科における治療方法は、主に光線療法と外用療法とに分かれます。

 

これらの治療方法は、乾癬の進行具合や範囲に、部位などによって使い分けられていますが、症状が重度の場合は入院治療を行う病院もあるようです。

 

一般的には、乾癬が発症している範囲が広い場合は光線療法、範囲が狭い場合は外用療法が用いられています。

 

また、最近では自宅で簡単にできる乾癬の治療方法が話題となっているようです。

 

自宅で行う乾癬の治療では、主に生活習慣を改善していきます。
食事のバランスを整えたり、適度な運動を取り入れたりすることで、乾癬を予防・改善できますので、皮膚科に通いたくないという方は実践してみると良いでしょう。

また、当サイトで乾癬治療に推奨している方法としては・・・

ステロイド薬などの外用療法とテアテマンドールと言うフランス式血流改善方法の2つを組み合わせる方法を推奨しています

サイト下部で紹介しているテアテマンドールのDVDは、乾癬の原因を脾臓の機能低下では?と予想、検証で、多くの乾癬患者に効果を出す事が出来ている現状です

現代医学とされる対処療法は、目の前に現れている原因を取り除く治療は得意ですが、
どうして乾癬が発症したか?

ここまでの治療に対しては、あまり考えていない事が現実です

取り敢えず、今出ている皮膚の炎症を治して、大元の問題は先送りしているに過ぎません(^^ゞ

乾癬治療は、表面に出ている皮膚の炎症をステロイド薬などの外用療法で、治療しつつ、
テアテマンドールなどの根本的な原因を治療する方法を併用する事で、大きな効果が見込める様になるのです。

乾癬に悩んでいるようでしたら、
対処療法と根本療法の併用を是非、試してみて下さい

あなたが思う以上の効果が見られます。

 また、

それぞれの乾癬の対処治療方法については以下で分かりやすく説明していますので、参考にしていただければと思います。

 

矢印自宅で簡単にできる乾癬治療法はこちら


乾癬の光線療法

乾癬の症状が広範囲に見られる場合、光線療法が用いられることもあります。

 

乾癬の光線療法とは、その名の通り患部に光を照射することで乾癬を治療する方法です。
光線療法にもさまざまな種類がありますが、乾癬治療の現場ではPUVA療法が最も多く用いられています。

 

PUVA療法とは、ソラレン誘導体の内服薬を服用してから長波長紫外線を照射して乾癬の増殖を防ぐ治療法です。
ソラレンは光を照射されると活性する物質で、紫外線の吸収率をアップさせる効果があります。

 

 

PUVA療法は、さらにBathPUVA療法、UVB療法、Narrowband UVBの3種類に分けられますのでそれぞれの治療方法についてさらに詳しく見ていきましょう。

 

BathPUVA療法

BathPUVA療法とは、ソラレンで満たされた風呂に入り、体に十分ソラレンを浸透させたうえでUVAを照射する乾癬の治療方法です。
乾癬が広範囲に見られる場合に、特に有効とされています。

 

BathPUVA療法では専用の機器が必要となるため、すべての医療機関が行なっているというわけではありませんが、BathPUVA療法を導入する医療機関は徐々に増えつつあるようです。

 

UVB療法

UVB療法とは、中波長紫外線を患部に照射することで乾癬を改善していく治療法です。
一般的なPUVA療法ではソラレン誘導体が用いられていますが、UVB療法では中波長紫外線を照射するだけとなっているため、比較的簡単な治療と言えるでしょう。
現在、医療機関の多くで採用されている乾癬の光線治療法が、このUVB療法となっています。

 

Narrowband UVB

Narrowband UVBとは、狭い波長領域の紫外線を照射することで乾癬を改善していく治療法です。
UVB療法の進化版と言われており、近年では高い注目を集めています。

 

紫外線による治療方法には、まったくリスクがないというわけではありません。
強力な紫外線は、シミやソバカス、そして皮膚がんを引き起こしてしまうこともあるでしょう。

 

Narrowband UVBでは、極めて狭い波長領域の紫外線を照射することで、そのリスクを激減しています。
乾癬の治療以外にも、アトピー性皮膚炎などの治療にも用いられているようです。

 

ただし、寛解期間いというデメリットがあり、乾癬が改善するまで4ヶ月から6ヶ月程度かかります。

乾癬の外用療法

乾癬治療の基本となっているのが、外用治療です。

 

外用治療とは、塗り薬を用いて乾癬を改善していく治療方法ですが、一般的には軽度の乾癬で用いられます。

 

外用治療のメリットといえば、やはり副作用が少ないということでしょう。
もちろん、効果がないというわけではありません。
患部に直接塗布することで、乾癬による炎症をしっかり抑えてくれますので、手軽に治療できるということもメリットのひとつです。

 

軟膏やクリーム、ローションなどの種類があり、幹部の状態によって使い分けられます。

 

外用治療で用いられる薬は、主にステロイド外用薬とビタミンD3外用薬
これらの外用薬について、以下で分かりやすく説明していますので、参考にしていただければと思います。

 

ステロイド外用薬

ステロイド外用薬は、白血球の活動を抑制したり、血管の拡張を抑えたりすることで乾癬による炎症を抑制する効果があります。
ステロイド外用薬の強さは5段階あり、乾癬の進行度合いによって使い分けられます。

 

ただし、依存性が高く、ステロイド剤を長期連用することでホルモンバランスが崩れるという副作用があるため、十分注意して使用しなければなりません。
ステロイド外用薬はドラッグストアなどでも購入できますが、使用方法には十分ご注意ください。

 

ビタミンD3外用薬

ビタミンD3外用薬は、皮膚の表皮細胞が増殖するのを抑えることで、乾癬を改善していきます。
ステロイド外用薬と並び、多くの医療機関で用いられている外用薬です。

 

ただ、ステロイド剤と比較すると効果が弱いと言われており、乾癬が改善するまでに時間がかかるとされています。
そのため、医療機関によってはステロイド剤との併用を勧めることもあるようです。

自宅でできる乾癬解消の決定版!

乾癬は、自宅で簡単に解消できます!
その秘訣は以下で徹底解説していますので、要チェック!!


自宅でできる乾癬解消プログラム


詳しくはここをクリック